敏感肌にしみる成分

敏感肌にしみる成分とは?

皮膚炎やアレルギーも

肌の状態は人によりさまざまですが、特に多くの女性は自身が敏感肌、と感じているようです。肌が敏感になっている原因には、皮膚が乾燥した状態にあることが多いようです。実感できる場面には、化粧品を使用したときがあります。特に化粧水を肌につけた際に、ヒリヒリや肌にしみる感じがすることがあります。

 

 

これは、皮膚の抵抗力が低下しているといえるようです。
皮膚は、水分とセラミドといわれる皮脂の組み合わせによって、雑菌や紫外線などの刺激から守ってくれる働きをしています。ですが、乾燥などでセラミドが不足することで水分も減っていき、抵抗力が落ちていきます。

 

そうなると、化粧品を選ぶ際には肌にしみる成分は避けるのがいいでしょう。

 

 

肌にしみる成分とは、メチルやプロピル、エチルパラベンやフェノキシエタノールなどの、保存料や防腐剤に使われている成分は、皮膚炎症やアレルギー反応を引き起こすことが考えられるため、避けたほうがいいでしょう。

 

 

他には、合成着色料や香料、ジエタノールアミンやトリエタノールアミンの、泡立ちをよくする成分も、敏感肌には刺激がつよいものになります。乾燥状態の皮膚を改善するためには、これらの成分が含まれている商品の使用を控えることが大切です。


ホーム RSS購読 サイトマップ